救急の日
2020.09.09
仕事が終わって子供達をそれぞれ保育園・学童から回収し、車で自宅を目指していたんです。

すると、汗だくで泣きながら坂を下って来る女の子がいました。(我が家は坂の途中にあります)
よく見ると、娘の同級生ではありませんか。

車を止めて降車し、「どうしたの?」と問いかけると、
「お母さんが家に居ない。鍵も無いから家に入れないの……」と泣きながら答えてくれました。

坂を下っているので市街地に向かうつもりなのでしょうが、学校に向かっても下校時間はかなりすぎているので下手をしたら入れない可能性もあります。
ド田舎なので、近場に交番もありません。

何よりこの暑さです。(この日の最高気温32℃)
学校終わりなので水筒の中身も少ないでしょうし、熱中症で最悪死んでしまうかもしれません。

「そういえば以前、似たケースで保護した人が誘拐犯扱いされた事件あったな……」
という考えが一瞬頭をかすめたものの、我が家で保護する決意を固めました。

「無理強いはしないけど、良かったらおばちゃんの家くる?ウチの子達と一緒に、冷たいものでも飲まない?」
「……(黙って頷く)」

我が家に連れて帰り、エアコンを効かせた部屋と冷たいジュースを与えられてようやく落ち着いた様子。

実はこの時、HDDに入っていたのは『ゲゲゲの鬼太郎』のDVDだったのですが、さすがにコレは女の子の精神安定的にダメだろうと思い、『となりのトトロ』をチョイス。(水木先生、ごめんなさい)

幸い女の子の母親とはママ友繋がりでLINEを交換した事があったので、娘さんを保護している旨を伝え
「今、お母さんに連絡したからね。きっとすぐに迎えに来てくれるよ」
と安心させました。
その後母親が無事に迎えに来て、女の子は一緒に帰って行きました。



……で、バタバタしていて気が付かなかったんですけど、今日は救急の日だったんですね。
レスキューのプロでも無い、ただのゲームオタクのこの私でも心もち次第でヒーローになれるんだと知りました。

皆様もぜひとも身近な所に目を向けて、小さなヒーローになってみて下さい。
とても誇らしい気持ちになって、自尊心が満たされますよ!
2020.09.09 21:18 | 固定リンク | 日常 | コメント (0)

- CafeLog -