【確定申告とは】
一年間の収入と収支を計算して国に報告する作業、それが『確定申告』です。
個人事業主の場合は、一年の区切り(事業年度)は1月1日から12月31日となっており、12月31日で締めた決算を、翌年の2月16日から3月15日までに報告するという形になります。
※法人(会社組織)の場合は事業年度を自由に設定出来て、大抵は4月から翌年3月としています。
これにより課税所得が決定し、住民税や保険税の金額が決定するのです。
会社組織に属している場合は会社の経理部がこの作業を代行してくれますが、個人事業主の場合は自分でやるしかありません。
ハッキリ言って非常に面倒臭いですが、還付金と言う名のボーナスを貰う為にも頑張りましょう!

【白色申告・青色申告】
確定申告には『白色申告』『青色申告』の2種類の申告方法が有り、それぞれメリットが違います。
白色申告は所謂通常の申告方法で、年間の総合的な収支がわかれば良いと言うお手軽な方法です。
一方、青色申告は帳簿をつけて経理状態を明確にする必要がありますが、その分様々な恩恵を受ける事が出来ます。具体的に言うと、青色申告専用の各種控除が使えるので、さらに税金を安くする事が出来ます。
「自分はどちらで申告すれば良いのか?」と言った事も踏まえ、より詳細な内容は別項にて改めて解説させて頂きます。

【申告しないとどうなる?】
会社組織に属している人は、基本的に自分で確定申告をする必要がないのは前述の通りです。
※例外として、医療費控除等の特殊な控除を利用する場合は確定申告が必要になります。
自由業は確定申告によって初めて課税所得が決まる訳ですが、
「申告しなければ課税所得が決まらないんだから、還付金を諦めて税金を払わない方が得じゃない?」
と思ったそこのアナタ。
当然ですが、世の中そんなに甘くありません。
まず所得税。前回記述しましたが、源泉徴収はほぼ確実に払い過ぎなので、税務署は何も言いません。
そして住民税と健康保険税。恐ろしい事に、地方自治体は無理やり請求額を捻り出してきます。具体的には、最も新しい申告の年収に基づいて算出したりするそうです。
算出された年収金額が実際よりも多ければ、当然不当に高い税金を納める事になります。また少なかった場合でも申告した所得に基づいた追徴金が発生し、その金額は所得税の還付金でもとても足りない金額なのです。
多少面倒臭くても、きちんと確定申告をした方が良いというのは間違い有りません。

確定申告は過去5年まで遡って行う事が出来、還付金もその分ちゃんと戻って来ます。
「しまった、俺確定申告サボっていたよ」というそこの貴方、まだ遅くはありません。
資料を探して、早速確定申告に挑戦しましょう!

次回は、源泉徴収について解説します。


←Back Next→
TOPへ戻る